HOME > 運営母体 一般社団法人 セルフエナジーハウス研究会

一般社団法人 セルフエナジーハウス研究会

設立主旨

セルフエナジーハウス研究会 代表理事 上野 勝

一般社団法人
セルフエナジーハウス研究会
代表理事 上野 勝

セルフエナジーハウス研究会 代表理事 上野 勝

あの忘れることの出来ない、かつて経験したことの無い大震災と原発事故は、私達の災害・家族・地域・生活、そしてエネルギーに対する意識を根底から変えました。又家づくりの考え方も大きく変わりました。

特にエネルギーに対する考え方は、省エネの必要性や温室効果ガス削減対策には関心はあるものの残念ながら具体的な行動にはなかなか結び付かず、補助金や税制優遇のような経済効果によって行動しているだけで、本当に意識が高まっているとは言いがたいのが実情でした。しかし燃料不足による混乱や、原発事故による節電や放射能汚染問題は、いやおうなしに人々の意識を変えていきました。

今後の住宅は、太陽光発電や蓄電池を装備した『エネルギー自立住宅』であると叫ばれ、大手住宅メーカーや住設器機メーカーは、こぞって住宅のトレンドとしてエネルギー自立住宅を市場に導入し始めましたし現在もそれは続いています。

しかし、太陽光発電や蓄電池、又HEMSの装備それだけでは、真のエネルギー自給住宅とは言えません。「エネルギーを自ら作り出し、快適さを失わず、健康で暮らせる家」という、本質的なエネルギー自立住宅を造り出すには、化石燃料などの従来型エネルギーとは特性が大きく違う再生可能エネルギーを理解し、さらに、エネルギーを効率的に使うための住宅躯体の性能をどの様に高めるかなどの専門的な知識や技術が不可欠です。

一般社団法人 セルフエナジーハウス研究会は、《エネルギーの自給自足で快適に健康に暮す家》というコンセプトを掲げ、これを実現させるための知識や技術を専門家や企業、会員と共に研究し、日本の気候・風土(特に関東以西の蒸暑地域)に合わせた、エネルギー自立住宅を開発、啓蒙・普及する事を目的に設立されました。

優れた開発力を持つ中小の開発企業や研究機関と連携し、その技術を集約させて最適な機器・資材を開発する事や、会員である地域の住宅建築会社や工務店、設計事務所にその知識・技術を提供していく事で、エネルギー自立住宅の普及を図ります。

一般社団法人 セルフエナジーハウス研究会は、その活動を通して、住宅建築会社や建築士の方々が高性能なエネルギー自立住宅を建築できるようになる事で、地域の住宅建築を担い、結果として日本の住まいと人々の暮らしが、より豊かなものになる事を目指しています。

ハイブリッドeハウスはそのような事を考えてセルフエナジーハウス研究会を中心に考えてつくられたものです。ですからただ単に住宅会社としてつくられたブランドではありません。 住宅のプロのみならず今後家づくりを考えていらっしゃる皆さんにもよく分かるように各地でのセミナーや勉強会という形で今後も情報を提供して参ります。

 

研究会概要

名称
一般社団法人 セルフエナジーハウス研究会
理事
代表理事 上野 勝 上野 勝 30年あまりの住宅会社経営から心機一転、究極の家づくりシステムを考案。その手法で建てた家は、欧米にも引けを取らない省エネルギー性能を持った家。その家をさらに進化させたいと"エネルギーを自給自足して快適で健康に暮らす家"を求めて、仲間と共に一般社団法人セルフエナジーハウス研究会を創設した。
理事 本多 図夢 本多 図夢 黒川紀章建築都市計画事務所の三人衆として数々の建築物を手がけた建築デザイナー。自身の設計事務所では、グアムウェスティンホテルやボルネオの水上コテージ、軽井沢のアメリーハウスなど話題となる内外の建築を手がける。リゾート建築から店舗、住宅まで、その人柄を表すような優しく繊細なデザインには定評がある。
理事 森 良一 森 良一 世界をまたに駆けたビジネスを展開してきた敏腕商社マン。一世を風靡した高級北米住宅会社の企画や大手ゼネコン向けに海外の優れた建築資材の輸入・コーディネイトを手がけてきた。研究会の創設者の一人として内外の幅広い人脈を生かし、世界中から最新の情報と資材を集めている。
理事 増田 雅巳 増田 雅巳 建築家として大型施設から住宅まで幅広い建築を手がける。最近では既存住宅を住環境の変化に合わせて、如何に住みやすい空間に改修・改良していくかを研究し、住宅のリモデリングやリフォームを中心に活動を行っている。職業訓練所の先生として、建築に携わりたい希望を持つ若い人達の育成も行ってきた。
理事 伊藤 一成 増田 雅巳 30数年間、建築の設計に携わってきたベテラン設計士。日本でも早い時期から輸入住宅に取り組み、そのデザイン力は証明済み。最近では世界基準の省エネ住宅をつくるため、CASBEEの評価員やエネルギーパス協会のエージェント、またパッシブジャパンの診断士の仕事をこなすなど、住宅性能の可視化に積極的に取り組む実力派設計士である。
理事 北田 壮介 北田 壮介 大学では建築学を専攻し主に都市計画を研究。卒業後、建築設計事務所に入所し、1級建築士を取得、大手ハウスメーカー・デベロッパーを経て平成2年に起業独立。不動産、金融コンサルにも精通、不動産・建設事業の立案も得意分野でありホテル、老人ホームのコンサル・設計も行う。住宅の設計実績も多く平成26年度の「木のあふれる街づくり事業」で採択された「楽水舎」は森林環境税の補助金を利用して屋久島で、地元材を使って建てた実験住宅である。自然エネルギーを活用した環境に優しい快適なエネルギー自立住宅を研究している。CASBEE建築評価員・宅地建物取引士でもある。
理事 田畑 隆 田畑 一級建築士であり、鹿児島デザイン協会理事を務める傍ら、古民家鑑定士の資格も持つ。家造りに関わってきた中で、大切なことは、いかに快適であるかどうかということ。高気密、高断熱はもちろん、家計にもやさしい住宅性能の研究、設計、勉強に日々取り組んでいる。当研究会の理事として性能の高い世界標準の家造りを啓蒙していきたい。
理事 辻 秀行 辻 重工メーカー、自動車メーカーでのシステム開発経験を経て、03年WEBシステム開発会社を設立。企業や病院、大学、県や市、公共団体等のWEBサイト・システムの構築を手がけ、代表理事 上野のWEBサイトにも7年来携わる。上野の将来を見据えた家づくりにかける情熱にひかれ、本研究会に参加。マーケティングと広報を担当する。
所在地
〒899-4341
鹿児島県霧島市国分野口東6-11 MBC開発国分ビル 4F [地図]
電話
0995-73-3023
FAX
0995-73-3024
設立
平成23年7月
ロゴマーク
一般社団法人 セルフエナジーハウス研究会

事業概要

  1. エネルギー自立住宅の建築技術の情報収集・研究・開発
  2. エネルギー自立住宅の建築に必要な資材・住宅用設備機器の共同開発
  3. 自然エネルギーを利用した家庭用発電システム機器の共同開発
  4. エネルギー自立住宅の消費者向け普及・啓蒙と建築促進活動

事業内容

エネルギー自立住宅の建築技術の情報収集・研究・開発

  • 内外の自然エネルギー研究機関、建築家・技術者グループと共同で、4地区以西に適応したエネルギー自立住宅の設計・デザインを行う他、内外の建築家・技術者・研究者より最新の情報を収集し、より高性能なエネルギー自立住宅を研究・開発する。研究・開発された技術及び収集された情報は、リアルタイムで会員に提供する。

エネルギー自立住宅の建築に必要な資材・住宅用設備機器の共同開発及び会員への斡旋

  • エネルギー自立住宅用資材の情報を収集、資材の性能・機能を検証して、性能・品質共に優れた物は会員に情報を提供するとともに、メーカーより特別価格で仕入れられるように斡旋する。賛助会員向けには、技術提携やライセンス生産などの仲介も行う。

自然エネルギーを利用した家庭用発電システム機器・熱機器の開発と会員への斡旋

  • 風力発電、水力発電、家庭用蓄電システムなどの発電機器類及びスマートメーターなどの発電管理、コントロール機器をメーカーと共同開発し、会員向けに特別価格で販売。

エネルギー自立住宅の消費者向け普及・啓蒙と建築促進活動

  • ホームページで、エネルギー自立住宅の必要性や建築に際しての注意点など、わかりやすく説明する。エネルギー自立住宅啓蒙に関する話題性の高いセミナー・イベントを積極的に展開する。

会員向けにエネルギー自立住宅の設計・施工技術の勉強会を開催する

  • エネルギーや環境問題の現状、自然エネルギーや省エネに関する正しい知識、エネルギー自立住宅の概要などの基本的な項目から、各資材の機能・性能、設計や施工に関しての注意事項、各部のおさまりなど、それぞれの職域で習得しなければならない項目に関する勉強会を開催する。パッシブハウス等の省エネルギー住宅に関する世界の技術や資材、自然エネルギーや省エネに関係する話題や商品をテーマにして内外から講師を招いたセミナーを開催する。

ページの先頭に戻る